携帯MMOで流行のコミュニティ

アバターなどのきせかえから始まった、携帯の文化も今やゲームがその潮流を奇想天外なのものへと昇格している。携帯MMOは多人数で参加する仮想空間のゲームに、インタラクティブ性を加え得た、携帯ならではのコミュニティ形成の場であり、チャットなどのシャベリ場があることで、自分の立ち位置を把握することができる。

コミニュケーションの形式は今や情報化が進んでいることで多様に変化し、スマートフォンがさらに高機能なデジタル端末としてその方法の進化を加速化させている。まさにコミュニティの細胞分裂は激しく展開されていて、これから新学期を迎える学生などもすでにゲーム上やFacebookなどのSNSですでにグループができた状態で、新学期が始まるというケースも少なくない。

新しい学級で、入学前に友達ができているということや、ヤフー知恵袋に京都大学の入試の問題が流出した事件など、今後も学生とネットとの付き合い方は、大人の考えているそれ以上に、顕在化することなく進化し続けている。