電子書籍元年の2010年

電子書籍が一般化するのはいつのことだろうと、
思っていたが相当に早い時期になりそうだ。

全てGにクロールされるコンテンツ問うわけでもなく、
漫画やビジュアルベーシックのものついては言うまでもなく。

iPadが脅威の値段で販売されているところからも、
加速がすすむであろう。IPV6の時代になってもそのスパイダーは
止むことがないのだろうか。紙がなくなっていく現状は、
情報状態の世の中を浮き彫りし、産業革命以来の革命が
すでに怒っていることを如実に表しているだろう。

日経新聞もスマートフォンを中心に配信になり、
日経を読んでいるという形ももはや見立しの一部でしかない。

こういった電子書籍のものは、携帯電話、いわゆるケータイサイトでも
進化をとげているもものアダルトフィルターによってその閲覧は、
不可思議な領域へと変容している。